ECCジュニアの子供英会話教室との比較

子供英会話教室の比較|ベネッセ子ども英会話教室編

ベネッセ

時代のグローバル化への流れは激しくなっています。インターネットとソーシャルネットワーキングサービスの普及によって、世界との距離は極端に縮まり、通信端末さえあれば簡単に海外の人間とやりとりができるようになっています。映像通信の技術も進化していますので、現場にいかなくても細かい指示が出せるようなサービスを企業は取り入れています。国境というボーダーが取っ払われる一方で、コミュニケーションにおける唯一の難があるとすればそれは言葉の問題です。日本人はとくに英語能力が低く、他のアジア圏の学生たちにどんどん先を越されているのが現状です。なぜ、英語力がなかなか身につかないのでしょうか。それは、人が言葉を覚えるのに最も適した期間である幼少期に英語に触れていないからです。ある程度成長してからの英語は「勉強」という堅苦しいイメージがつき、また、言葉の成り立ちを論理的に覚えるという方法でほとんどの学校では教育されますので、苦手な人には身につきません。しかし、もともと言語は勉強するものでなく、その地で生まれ育てば誰だって身につく能力であるのです。英語に得意不得意はないと考えても過言ではありません。

以上を踏まえると、子ども時代の英語教育が将来にとっていかに大切なのかが分かることでしょう。ますます成熟していく時代に、日本国内の仕事はロボットやコンピューターに奪われてしまうかもしれません。そのときにできる仕事として残っているフィールドは海外の可能性もあるのです。子ども英会話の重要性を把握したうえで、数ある教室の中からどのような教育スタイルを選択すれば良いでしょうか。

ベネッセの子ども英会話教育は他と比較してみても大変魅力的です。

英語教育のみならず、子どもが勉強を好きになる心理を徹底的に研究しているベネッセのサービスは、勉強という概念を取っ払っています。歌やゲームなど、教材に「楽しみ」を見出しながら、子供たちに押し付けなくても自ずから英語を使うことを喜びと感じられるような仕組みを作り上げています。また、英語の資格などを得るための紙面上の教育だけでなく、実践的な英会話を重要視しています。ベネッセの英会話においては子どもたちにスピーチを行わせるイベントもあり、これは将来、自分の意見を主張することにおいて大変有効的な教育になることでしょう。もちろん、能力には個人差がありますが、その点も同じマニュアルでただレッスンをするわけではなく、それぞれの子どもに合わせたカリキュラムの組み立てが可能となっています。

他の教室メニュー

子供英会話の無料体験レッスン

ECCジュニアは、1962年に創業以来、全国の子どもたちに「より通いやすい環境で」「本格的な英語教室」の提供を目指して展開しています。

全国に約12,000教室を開講しており、これは全国No1の実績となります。 またECCジュニアは、自信のカリキュラムで、「イード・アワード2015 子ども英語教室」小学生部門の顧客満足度で″最優秀賞″を受賞いたしました。

お子様の将来のために、今から質のよい授業を体験することはお子様のためにもきっと役立つことだと信じています。

まずは無料の体験レッスンでその授業をお子様に体験させて下さい。

ページの先頭へ