ECCジュニアの子供英会話教室との比較

子供英会話教室の比較|ベルリッツ子ども英会話教室編

ベルリッツ

言語能力の習得は子どものうちから、なるべく早いほうが良いと言われています。 その理由は、子どものうちの方が脳内の記憶力や理解力において固定観念がなく、言語の本質そのものを把握する力に優れているからです。

たとえば、大人になって英語を学ぼうとすると、教材で見た単語を一度日本語に置き換えて、その言葉が意味するイメージを浮かべて、それが英語ではどのように読むのか、という処理を脳内で行います。一度、日本語に置き換える作業が間に挟まってしまいますので、英語がなかなか上達しません。しかし、子どもの間というのは母国語である日本語のボキャブラリーもそんなに多くありません。よって、英語が日本語に変換されることなく、単語のイメージがそのまま頭のなかに入ってきます。言語習得を複雑にする固定観念がないからこそ、速やかに習得できるのです。どんなに言語学の苦手な人でも、言葉は誰でも話すことができるようになります。成人した大人と、赤ちゃんとでは、学力という意味においてどちらが能力が高いかは一目瞭然であるはずなのに、なぜか言語の習得においては赤ちゃんの方が遥かに優れています。このような言語習得のメカニズムを徹底的に研究し、カリキュラムを組んでいる子ども英会話がベルリッツです。

様々な英会話教室が存在しますが、それらと比較してもベルリッツは、ナチュラルに脳を英語バージョンにシフトチェンジしていくメソッドに優れています。基本的に教室の中ではオールイングリッシュで、日本語が使われることはありません。日本の中にいながら、教室の中が完全に英語圏の学校と化します。そこでは新しい物の考え方や、グローバルな思考力を身に付けることもできます。

子ども英会話に両親が通わせる理由はそれぞれ異なります。

実際に海外で活躍できるような子に育てたいか、あるいは良い学校に入るための受験対策や資格試験対策として学ばせるのか、各家庭の教育方針によって動機は様々といえるでしょう。しかし、これからの時代はグローバル化とともに通信網の発達で世界はますます狭くなっていきます。海外とのコミュニケーションは、近所に住む人と行う会話と変わらないくらい頻度で行われる時代がもうすぐやって来るかもしれません。理由にかかわらず日本人でも誰もが英語を話すことが必要となる未来があることは、ある程度明白に予想することが出来ます。そのような時代を前にしていることを考えれば、やはり言語処理における脳のメカニズムを理解している教室こそが、これから求められるであろう子ども英会話といえます。

他の教室メニュー

子供英会話の無料体験レッスン

ECCジュニアは、1962年に創業以来、全国の子どもたちに「より通いやすい環境で」「本格的な英語教室」の提供を目指して展開しています。

全国に約12,000教室を開講しており、これは全国No1の実績となります。 またECCジュニアは、自信のカリキュラムで、「イード・アワード2015 子ども英語教室」小学生部門の顧客満足度で″最優秀賞″を受賞いたしました。

お子様の将来のために、今から質のよい授業を体験することはお子様のためにもきっと役立つことだと信じています。

まずは無料の体験レッスンでその授業をお子様に体験させて下さい。

ページの先頭へ