ECCジュニアの子供英会話教室との比較

子供英会話教室の比較|ミネルヴァ子ども英会話教室編

ミネルヴァ

日本語の中で、外国人には聞こえない、聞こえにくい音があることを知っていますか?

日本人であれば、当たり前に聞こえたり、発音したりすることができる音や言葉でも、外国人にとって非常に難しいものがあります。逆に言えば、英語圏に住んでいる人なら、簡単に聞いたり、話したりすることができても、日本人にとって難しい言葉あるとも言えます。 それらの原因は、脳にあります。脳が発達してしまうと、それに伴って耳からの情報を整理してしまうからです。 本当は聞こえているはずの音が、脳でフィルタリングされているとも言えるでしょう。

英語教育とゴールデンエイジは切っても切れない関係にあります。 ゴールデンエイジとは、神経系が発達段階にある、3歳から小学校低学年や急激な発達を遂げる9歳から12歳までの期間をそう呼びます。つまり、集中力や言語に関する能力をスポンジのように吸収できる時期だからです。 この時期に学習した言語分野は、環境の変化があっても、一生涯脳に刻み込まれることになります。 子供が、海外で少ししか生活していないのに、すぐに現地の言葉を喋ることができることからも実感できるでしょう。

2020年から小学校の学習が変わります。これまで小学校高学年で行なってきた英語活動が、英語教育になります。さらに、英語活動が小学校中学年から始まります。このことも、できるだけ早い時期に他言語にふれさせることが良いということが考え方の基盤となっています。それだけ子ども英会話に注目が集まっています。

ミネルヴァは2016年オリコン日本顧客満足度において先生の質ランキングで一位に評価されました。

子ども英会話が良いとわかっていても、英語に触れてさえおけば良いというものではありません。 「教育は人なり」という言葉あるように、文化の伝承は常に人が行なってきました。

英語というツールをしっかりと身につけ、活用できるようにデザインされて初めて、効果があります。 他の子ども英会話教室と比較しても、安心できるプランや指導内容にミネルヴァはなっています。

今、子ども英会話の選択を悩んでいらっしゃるご両親は、きっと子どもたちの将来を不安に思っていることでしょう。 英オックスフォード大学でAIなどの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が今後10年で米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化され、消えてしまうだろうと発表しました。言い換えれば、今の子どもたちの将来は今のような職業に就くことができなくなります。また、その職業があったとしても、これまで以上に外国人とコミュニケーションをとり、それを活用する能力が必要です。 質の良い英語学習が今必要とされているのです。

他の教室メニュー

子供英会話の無料体験レッスン

ECCジュニアは、1962年に創業以来、全国の子どもたちに「より通いやすい環境で」「本格的な英語教室」の提供を目指して展開しています。

全国に約12,000教室を開講しており、これは全国No1の実績となります。 またECCジュニアは、自信のカリキュラムで、「イード・アワード2015 子ども英語教室」小学生部門の顧客満足度で″最優秀賞″を受賞いたしました。

お子様の将来のために、今から質のよい授業を体験することはお子様のためにもきっと役立つことだと信じています。

まずは無料の体験レッスンでその授業をお子様に体験させて下さい。

ページの先頭へ