「なつぞら」

主演:広瀬すず

遂に始まります!広瀬すずちゃん主演の「なつぞら」

新しい元号のもと、平成から「令和」に変わる節目の年。 さらにNHK朝ドラ100本目という記念すべき番組となります。 なので、きっとNHKも気合いを入れて頑張るのではないのでしょうか。

主演は広瀬すずちゃん。今やトップ女優として活躍しています。 数々の映画やドラマの主演を張り、もはやその実力は折り紙付きだと言えます。

なんといってもすずちゃんの魅力は天真爛漫な笑顔とパワフルな演技が一番だと思います。 もちろん暗い役でもちゃんとその背景を読み取り、そのはかなげな表情もそそりますし、時折見せる微笑みも何物にも代えがたいものがあります。

瞬時に役作りに入れる体質は天性のものではないでしょうか。 と、こんなことを好き勝手に書いている管理人は大のすずちゃんファンなので、少々の言い過ぎはご勘弁下さいませ。

ちなみに、この「なつぞら」。朝ドラのオープニングが全編アニメなのは異例だそうです。笑

待望の朝ドラ、遂に始まりました! ここでは毎朝のドラマの進捗状況とともに、その日観たドラマの感想を好き勝手に書いていきます。 よろしくです!!

とうとう、始まりました!「なつぞら」 時代は戦後すぐの時代。戦争孤児となった「なつ」は北海道十勝にやってきました。 自然豊かな風景と、なつの描く色彩画が美しく映えます。

主題歌の「優しいあの子」が優しく響くなか、優しいアニメーションが広がります。 時に戦争の傷跡を色濃く残しながら、それでも知らない土地や知らない人との出会いを通して「なつ」はどのように成長するのでしょうか?

9歳の「なつ」はまだまだ子供です。 生きる術を全く持っていません。しかしながら本能でここで生きるための術をきっと身につけていくのでしょう。 それは天性の明るさや無邪気さ、そして素直な心が周りの人たちを動かしていくでしょう。

これからが楽しみです。

第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」

第151回 2019年9月23日
とうとう「なつぞら」の最終週です。
時は昭和50年3月。優も小学校に進学です。 なつの家には十勝の母さんも手伝いにきています。 なつの仕事も佳境に入っている感じですね。

第152回 2019年9月24日
なつの作っているアニメ「大草原の少女ソラ」にも最終回が近づいてきたようです。 アニメの中でレイがお父さんに夢を語る朝日の中のシーンは、なつがじいちゃんに東京でアニメをやりたいと言った情景と全く同じシーンです。

第153回 2019年9月25日
一番だしがあるから二番だし、、、なるほど!
私も咲太郎と一緒で二番だしは味が薄くなるだけだと思っていました。 そっか、二番だしは更にアジと風味を増すように手間暇かけて作るんですね。

第154回 2019年9月26日
しばた牧場にやってきたなつと千遥。
じいちゃんは千遥をやさしく抱きしめます。
千遥はじいちゃんに「ただいま」と発します。
う~ん、いいシーンです。千遥は別にここで育ったわけではないのに、この場所が確かに千遥の故郷だと思ったと思います。

第155回 2019年9月27日
昭和50年8月、十勝は冷害と水害に見舞われます。 なつが十勝に帰省した時に、嵐になってしまい、停電してしまいました。 牛の一大事です。

最終回 2019年9月28日
なつぞら、令和の時代が始まり開始された放映も今日が最後。
なつの生きざまが幼少時代から始まり、少女から女性へ、そして母となり、時代を開拓者の精神を受け継ぎアニメという日本を代表する文化へと昇華させた一人の女性の半生が描かれました。

第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

第145回 2019年9月16日
また千遥が見れます。
これだけでもうれしいのに、その子供がかつてなつの子役をやった栗野咲莉ちゃん この展開は見ている視聴者の心を揺さぶりますね。

第146回 2019年9月17日
いや~、今日のシーンもよかった。
なつと咲太郎達は、千遥がいる料理屋「杉の子」にやってきました。 咲太郎も緊張の面持ちです。

第147回 2019年9月18日
なつ達が千遥がやっている「杉の子」に来店し、千遥の作った天丼を美味しそうに食べました。 それはかつて自分達の父親と母親が作った愛情こもった味と全く同じ味だったのです。

第148回 2019年9月19日
千遥がまたマコプロにやってきました。
千夏ちゃんと一緒です。なにやら思い詰めた顔をしています。 なつと千遥、やっと落ち着いて話せるみたいですね。

第149回 2019年9月20日
千遥は今の旦那さんと別れる決心をして、それをなつに相談したのです。 そしてその話し合いの場が設けられました。

第150回 2019年9月21日
千遥の話を聞いた十勝の家族はみな千遥を心配しています。 ひときわ父さんが心配してひょっこり杉の子まで訪ねてきました。

第24週「なつよ、この十勝をアニメに」

第139回 2019年9月9日
とうとうなつは入社17年目に東洋映画を去っていきます。 そしてマコプロへと転職しました。 かつての懐かしい仲間がいて、心機一転新しいアニメを作る事になったのです。

第140回 2019年9月10日
ロケハンでマコプロみんなで十勝にやってきました。 開拓者のことをもっと知りたくて、なつのじいちゃんに話を聞きます。 じいちゃんは優にべったりです。膝に乗せてうれしそうですね。

第141回 2019年9月11日
十勝から戻ってきたなつ達。 その足で咲太郎の事務所にやってきました。 そこでなつは咲太郎に意外な人物に十勝で会ったことを報告します。

第142回 2019年9月12日
新しいアニメ「大草原の少女ソラ」その主人公であるソラのキャラクターをなつは描いています。 どんな風に主人公が描かれるのか、初めはなつも悩みましたが、下山さんのヒントをもとに描きました。 それはソラ、ひいてはなつ、そして優を垣間見ているような主人公の姿でした。

第143回 2019年9月13日
アニメの完成を前になつ達も大忙しです。 優は保育園が終わった後は、なつの仕事場で一緒に絵を描いています。 こういった職場は今の時代でも働くものとして理想的ですらありますね。

第144回 2019年9月14日
わ、わ、わ!
ち、ち、千遥だーーーー!
会いたかった~、、、これは私

第23週「なつよ、天陽君にさよならを」

第133回 2019年9月2日
今週のなつぞらのタイトルは「天陽君にさよならを」、、、なんてほんとに死んじゃうのかな。。。悲
病院の入退院を繰り返す天陽君。見るからに身体が悪そうです。 それでも絵を描く執念だけは失っていない彼はどこか影が薄い表情をしています。

第134回 2019年9月3日
天陽君が死んだ、、、ウソみたいです。 きっと多くの人が天陽ロスにかかるでしょうね。 出番はそんなに多くなかったけど、確実になつに影響を与えた人でした。

第135回 2019年9月4日
人生は人との出会いと別れ、、、その別れの究極が「死」
なつの人生の道しるべともいうべき相手が死んで永遠の別れがきた時、なつは泣くしかないのでしょうか?

第136回 2019年9月5日
沢山の絵を残していった天陽君。 皆、悲しみになるだけでなく、その絵を見ることで天陽君の意志が生き続けることに気がつきます。

第137回 2019年9月6日
「大草原の小さな家」これを描きたい!
優の一言でなつはそう思ったのです。 天陽君がデザインした雪月の包装紙。その絵には小さな女の子。 これがきっと「大草原の小さな家」の主人公ですね。

第138回 2019年9月7日
「大草原の小さな家」の舞台は北海道十勝。開拓者の物語だそうです。 もろになつの家族のことですね。 そしてこの作品を一休さんと一緒に作りたいと考えたなつは、会社を辞める決心をします。

第22週「なつよ、優しいわが子よ」

第127回 2019年8月26日
優が生まれて、なつも一休さんも夢中です。 完全に優中心の生活ですね。初めての子どもは親も手探りだし、しょうがないです。 そんななつの悩みが仕事と育児の両立です。

第128回 2019年8月27日
なつの子育てと仕事の両立問題に救世主現る、ですね。 優ちゃんの出産のときは、十勝のお母さんでしたが、今度は茜ちゃんです。 よ!まゆゆ。笑

第129回 2019年8月28日
優ちゃんが熱があると茜ちゃんから連絡をもらったなつ。 一休さんも仕事で忙しくしている、自分もすぐには帰れない、 そんな窮地を救ったのはお兄ちゃんでした。さすが咲太郎! 最近はマジメに会社をやっていてやんちゃぶりも影を潜めていますが、頼りになります。

第130回 2019年8月29日
なつの生活も優中心になっていますね。 まぁ小さな子供がいて、仕事して家事して育児してとなるとお母さんも今も昔も大変です。

第131回 2019年8月30日
なつの頭の中は優のことが生活の大部分を占めるのではないでしょうか? この子にとって一番幸せは何か?まぁ親だったら誰でも考えることでしょう。 なつの母性が爆発しています。

第132回 2019年8月31日
優は5歳になりました。 なつと二人の会話は本当の親子のように微笑ましく、優がお馬さんに乗りたいと言ったら、十勝の家に遊びに行こうって話になりました。 なつも小さい頃から牛や馬と戯れていましたからね。

第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」

第121回 2019年8月19日
なつのおめでたの話が周りに広がっています。 皆、当然大喜びですね。 不思議なもので広瀬すずさんの顔もお母さんの顔に見えてきました。これも演技ができる故でしょうか。

第122回 2019年8月20日
マコさんがなつの家に訪ねて来て、一休さんとまた一緒に仕事をしたいと伝えます。 新しいアニメーションの会社を設立したそうです。 う~ん、できる女は昔から行動的ですね。

第123回 2019年8月21日
幸せな時間を今なつは過ごしています。 産婦人科で待っていると、前の親子が話しています。 お姉ちゃんになるであろう子供が母親のお腹の中の赤ちゃんに語り掛けます。 でも眠っているのか静かです。なので魔法の呪文を唱えています。 これは今なつが書いているテレビアニメのシーンなのです。 見ているこっちもほのぼのしますね。

第124回 2019年8月22日
なつの子どもがもうすぐ生まれそうです。 ワクワクです。 みんなも心配して家に集まってきました。

第125回 2019年8月23日
なつの子どもがとうとう生まれました! 出産は女性にとって大変な出来事です。 なつ演じる広瀬すずも迫真の演技でそれを表現していました。

第126回 2019年8月24日
なつの出産も無事終わり、6週間で職場復帰になります。 なつにとってはアニメーションの夢と子育ての両天秤は辛い選択ですね。 でも大丈夫。一休さんが懸命にサポートしてくれています。

第20週「なつよ、笑って母になれ」

第115回 2019年8月12日
なつと一休さんが結婚して、新しい生活が始まりました。 意外なことに一休さんが食事の用意をしています。 なんか一番苦手そうな分野のような気がしましたが、なかなか様になっていますね。

第116回 2019年8月13日
今日は咲太郎とマダムとの結婚の話でしたね。 マダムのほうがかなり年上だと思うけど、10歳以上離れているでしょう? まぁ歳の差婚は今はそれほど珍しくないけど、当時はどうだったんだろう。。。

第117回 2019年8月14日
なつの周りは結婚、出産、と目まぐるしく変わりそうな勢いですね。 なつ自身もそういった環境の変化と仕事と家庭、どうするのか悩んでいるみたいです。

第118回 2019年8月15日
今日は岸川母ちゃんの話でした。
とうとう母ちゃんは番組を卒業(?)しました。 う~ん、なんだったんだろう、咲太郎を立派に育てて、なつの面倒を見て、そして去っていく、なんかカッコいいっす。

第119回 2019年8月16日
とうとうなつにも母になる時が来たようですね。 まぁ結婚して、30も超えたしいつ生んでもいい時期です。 でも職場の環境はまだまだ女性進出には厳しいようです。

第120回 2019年8月17日
なつも妊娠で3ヶ月になりました。 ここでなつは悩みます。アニメーターを続けたい、でも会社は正社員から契約社員になるようにしています。 この時代の女性はまだまだ不自由な社会ですね。

第19週「なつよ、開拓者の郷へ」

第109回 2019年8月5日
なつと一休さんは二人して結婚の報告を十勝の家族にするために帰ってきました。 久しぶりの十勝の家族が見れられてうれしいですね。

第110回 2019年8月6日
じいちゃんの許しを何とか得て、なつたちはほっと一安心。 そして、雪次郎が帰ってきた雪月堂に足を運びます。 そこでは懐かしい彼らと会うことができました。

第111回 2019年8月7日
今回は、夕見子とお父さんのいる農協のお話です。 十勝の酪農業者が一致団結してバター工場を作る計画をしています。 そこには国の政策で邪魔される事態になってしまいました。 今日中に工場を作る届書を提出しなくてはいけません。

第112回 2019年8月8日
十勝では今、バター工場を作ることで話題は持ち切りです。 そんな中になつと一休さんがいるってことは、その熱を直接肌で感じているってことでしょう。 開拓者の精神や行動力が彼ら二人にきっとプラスに働くのではないでしょうか。

第113回 2019年8月9日
十勝に春が来ました!
なつなのに春、夕なのに春
おバタ餡サンドとともに、

第114回 2019年8月10日
なつと夕見子の合同結婚式。 今回はこれで最終回か!?なんて思うほど、みんなが勢揃いしましたね。 番組の終わり方を見ると、ほんとに最終回でもおかしくない終わり方でした。

第18週「なつよ、どうするプロポーズ」

第103回 2019年7月29日
昭和39年正月。なつも27歳になりました。 もう27歳か、、、早いなぁ、確かにこの年齢になれば結婚という二文字は自分にも周りにも聞かれる単語だよな。

第104回 2019年7月30日
岸川母さんの昔々若かりし頃の恋バナ。悲しいけど素敵な話、なつも感動したみたいです。 そんななつも仕事に追われる日々。がある日突然!!

第105回 2019年7月31日
一休さんから突然のプロポーズ!
なつの返事は、、、まさかの即決!!
驚いた~
いや、多分OKだとは思っていたけど即決とは。

第106回 2019年8月1日
なつと一休さん、晴れて恋人同士になりましたね。 なつもいい年ですから、いつ結婚してもおかしくないけど、相手が一休さんなら私は文句はありません。(笑)

第107回 2019年8月2日
なつの長編漫画映画が公開されました。 しかし予想外の不入りで大失敗です。 子どもには難しすぎる、そんな印象でしょうか。

第108回 2019年8月3日
う~ん、雨降って地固まる。
そんななつと一休さん、とうとう結婚しました!

第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」

第97回 2019年7月22日
時はしばらく経って、1963年、昭和38年夏になります。 なつももう26歳で立派な大人の女性です。 新しい時代になってきている日本ですね。

第98回 2019年7月23日
なつ達が過ごしている時間は、時代の変化が大きく現れていく時代です。 今までの価値観や常識が新しい考え方や技術によってまさに変わろうとしていると思います。 なつを取り巻く環境もその心境も。。。

第99回 2019年7月24日
なにかとお騒がせな雪次郎君。 劇団の主役に抜擢されたことで他の団員から反感を買ってしまいます。 でも純粋に芝居に取り組みたい雪次郎の決意は固いですね。 菓子職人から家族に猛反対されてでもやりたかった芝居。そりゃあそうですよね。ここで投げ出したら男がすたります。

第100回 2019年7月25日
今日も主役は雪次郎です。
晴れて蘭子さんと一緒に芝居ができるようになり、その上演が行われてました。 実際には舞台の芝居は見ることはできませんでしたが、こういったテレビドラマの役者と芝居の役者ではやはり演じ方が違いますし、その表現方法をどうしたのか、ちょっと気になりましたね。

第101回 2019年7月26日
雪次郎が蘭子さんに告白しちゃいました。 とてもまっすぐな目であんなことを言われたら女性はドキッとするでしょうね。 こういった演技もできるんですね。感心感心。

第102回 2019年7月27日
う~ん、これはどういう展開?
雪次郎が北海道に帰ってしまいました。 なんか釈然としないなぁ、、、

第16週「なつよ、恋の季節が来た」

第91回 2019年7月15日
今回は、時代背景もあってか、なんか若い力がいたるところにあって、それを直接肌で感じる内容でした。
夕見子ちゃんのこと。
なつの仕事のこと。
日本の躍動、復興への力が見えた気がしました。

第92回 2019年7月16日
夕見子の恋人がじいちゃんそっくりな高山さんという人。 ジャズが好きでモダンジャズをこよなく愛す、自分では最先端だと思い込んでいる人、かな。 まぁ新しもの好きはいつの時代にもいるし、ましてや戦後アメリカの文化が押し寄せてきた時代だからか、若者が飛びつく文化がいっぱいあったでしょうね。

第93回 2019年7月17日
坂場君となつの関係、どうなるのでしょうか。。。気になります。 そんな中、夕見子は我が道をゆく、、、驚きの提案をしてきました。

第94回 2019年7月18日
漫画映画の製作も忙しくなってきたみたいですね。 坂場無双が職場に響いています。 なつの原画作りも大変そうですね。

第95回 2019年7月19日
じいちゃんの鉄拳制裁が決まった!
夕見子の駆け落ち騒動は、ようやく一件落着ですね。 真打登場!じいちゃんの立ち姿はやっぱカッコいいですね。

第96回 2019年7月20日
ようやくなつの関わった短編の漫画映画が完成しました。 当然、アフレコは咲太郎の会社の蘭子さんたちです。 坂場君も満足そうです。

第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」

第85回 2019年7月8日
千遥が去って、なつも東京に戻ることになりました。 久しぶりの夕見子ちゃんとの会話は見ていて楽しかったですね。 兄もじいちゃんと話してうれしそうでした。

第86回 2019年7月9日
ヘンゼルとグレーテルが落としていったパンは、あなたたちにとって絵だったのよ。
それが3人の繋ぐ道しるべ
いい表現ですね。

第87回 2019年7月10日
新しいキャラクターの活躍です。 なつのアニメーターの仕事に新人が入りました。 それが染谷将太さん演じる神地君です。

第88回 2019年7月11日
兄の咲太郎がまたとんでもないことをやろうとしています。 それが声優のプロダクションを作るということです。 時代ですねぇ、確かに時代はテレビが主役になっていくでしょう。 目の付け所がいいですね。

第89回 2019年7月12日
ヘンゼルとグレーテルの新しい展開をなつが考えてきました。 見ている子供達がワクワクドキドキするような展開です。 これに麻子ちゃんはどう思ったのか?気になるところです。

第90回 2019年7月13日
なつの映画作りも佳境に入ってきているようです。 ヘンゼルとグレーテルの物語も固まってきて、いよいよ原画作りです。 どんなおもしろいものができるでしょうか。。。

第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」

第79回 2019年7月1日
そうか、とうとう千遥が登場しましたね。 いやぁ、実はNHKの公式サイトでも千遥の人物については何も記載されていなかったので、もしかするとこのまま登場しないのかと思っていました。

NHKも粋なことをしますね。千遥を演じるのは清原果耶さんです。

第80回 2019年7月2日
泣いた、またなつぞらで泣きました。
千遥が十勝のしばた牧場を訪ねて来て、柴田家の人たちと会いました。 そしてなつに連絡した母さん。なつは驚いたでしょう。もう半分あきらめかけていた千遥が生きていることがわかって。

第81回 2019年7月3日
千遥となつが電話で話をした。これだけでも感動ものです。 そしてなつと咲太郎は急ぎ十勝を目指します。 その間、千遥は柴田家にお世話になることになりました。

第82回 2019年7月4日
千遥がいなくなった。
せっかくなつと咲太郎が十勝まで来た時には、既に千遥はいなくなっていました。 千遥はどうしたのでしょうか?謎は深まるばかりです。

第83回 2019年7月5日
ううう、また泣いた。
千遥が突然いなくなって、なつと咲太郎はどうしていいかわからないところで、千遥から手紙。 そこにはなぜ千遥がいなくなったのか書いてありました。

第84回 2019年7月6日
当時の結婚観って早熟だったんですね。まぁ早熟どうこうは今も変わりませんが、皆結婚するのが早い。 20歳には既に結婚していて当然って印象があります。 兄の照男しかり、天陽君しかり、良子ちゃんと番長ももしかすると付き合っている??って感じです。

第13週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」

第73回 2019年6月24日
先週末から雪次郎の劇団への夢がなつを振り回しています。 雪次郎は立派な菓子職人になるかと思ってた。 朴訥なオヤジさんやおばあちゃんの雪月を雪次郎が継いでくれないとどうなる??

第74回 2019年6月25日
なつはアニメーション部で新たな映画である牛若丸と馬の動画に取り組んでいます。 これは坂場君の指摘によって新たにアニメーションの可能性を探る重要な仕事ですね。 ここら辺が今後の日本のアニメの基軸になるような気がします。 こうやって私が子供の頃、見ていたアニメは、実はその陰でアニメの歴史をどんどんと若い新しい力で作られてきたんですね。

いや実は今雪次郎を巡るドタバタが繰り広げられています。

第75回 2019年6月26日
な、なんだ!今日の話の終わり方は!!
なんとなつと坂場君が見つめ合って、終わっている。
いや、雪次郎のことなんてどうでもいいでしょう。これはもう。

第76回 2019年6月27日
やっぱり、恋の予感なんてただの勘違いなんだから、、、笑
なつと坂場君の見つめ合うシーン、これによって馬の動きを思いついたなつ。 いや、これでいいんです。これから先も恋だの愛だの関係ありません。

第77回 2019年6月28日
今日は、雪次郎主役の話でしたね。
お菓子作りから芝居へと自分の夢を追いかけている雪次郎。 それを取り巻く家族となつたち。 こういった人生の岐路に悩むのも若い人の特権ですね。

第78回 2019年6月29日
いろんな物語が人それぞれありますね。 今日は雪次郎の芝居への転身がひと段落して、なつはいつものアニメーションの仕事に励んでいます。

第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」

第67回 2019年6月17日
朝からツライ、、、こう思った日本人は今日は多かったのではないでしょうか? 千遥の行方を探すなつと咲太郎、そしてやっと探し当てた住所のアパートから出てくる老人と若い女性。 なつは思わず「千遥!」と声を掛けました。そして知らさせる辛い現実。。。

第68回 2019年6月18日
奇跡なんてないんだ、、、なつの言葉が重く自分に、そして兄に響きます。 千遥がいなくなって、どんなに辛い思いをしたのか、その反面自分は幸せな人生を送ってきた、 そんな自分が許せなくて、自分を追い込むなつ。 見かねた兄咲太郎が寄り添います。

第69回 2019年6月19日
千遥のために書け、なつに兄咲太郎の言葉が突き刺さります。 子供の夢を書いて、それを千遥に見せるんだ、なつは改めて自分の仕事に向き合うことができたようです。 それはなつにとって、どんな意味があるのか、先に進まないと誰にもわからないことでしょう。

第70回 2019年6月20日
なつは千遥のことに対し、自分なりの納得した結論を出したようです。 どこかで必ず元気に幸せに生きている。 だからこそ、私はここにいると知らせたい。そのためには一人前のアニメーターになれば、 ポスターにも名前が載って、千遥がそれに気がつけばまた会える、と。

第71回 2019年6月21日
前回から新しいキャラが登場しました。 新入社員の坂場一久君です。なんでも東大卒で哲学をやっていたそうです。 理屈っぽいというか納得するまでとことん考えるタイプですね。

第72回 2019年6月22日
今日は色々と脇役が活躍しています。笑 カチンコ君こと坂場君と雪次郎です。 なつにとってこの二人は今後どんな関わりがあるのでしょうか。。。気になります。

第11週「なつよ、アニメーターは君だ」

第61回 2019年6月10日
仕上げ課で仕事に励むなつ。 もう5ヶ月経ちます。隣のももっちともすっかり仲良くなって、二人はいいコンビですね。 さて十勝では照男兄ちゃんがサラさんと結婚しました。いやぁ、めでたいめでたい

第62回 2019年6月11日
今回の話の中心は雪次郎です。 なつと雪次郎が咲太郎のいる劇団の舞台を見に行きました。 それを見たなつと雪次郎はとても感動したのです。

第63回 2019年6月12日
なつはトレースの練習に励んでいます。 どんな仕事も奥が深い、、、そうです。 どんな仕事でも心を込めてやらないといけないのです。

第64回 2019年6月13日
今回のなつぞらは、少し遊び心を出してましたね。 白蛇姫のアニメのアフレコ風景。 なんとあの声優の山寺宏一が登場です。

第65回 2019年6月14日
とうとうなつは念願のアニメーターへの第一歩を踏み出しました。
再試験の結果、合格!
いやぁめでたいめでたい。

第66回 2019年6月15日
念願のアニメーターになったなつ。
新しい映画も決まり、今後この映画作りに関わっていきます。 一方、兄と話しているのは妹の千遥のこと。

第10週「なつよ、絵に命を与えよ」

第55回 2019年6月3日
なつの東京上京編が終了して、新たにアニメーションの世界に飛び込んだなつ。 今回から東洋映画の仕事場でのなつの活躍です。 まぁ活躍するかどうかは別にして、新たな章の始まりですね。

第56回 2019年6月4日
いよいよなつは漫画映画の現場で働くことになりました。 これまで他人と一緒に働いたことのなかったなつにとっては初めての経験です。 これは少し苦労しそうですね。

第57回 2019年6月5日
マコちゃん、う~んなつの漫画映画の仕事のキーパーソンはどうもマコちゃんみたいです。 なつの服を見て、男漁りしていると勝手に思い込んでいるマコちゃん。 一方、なつはそんなマコちゃんの言動に憤りを感じています。

第58回 2019年6月6日
ワクワク、なつの仕事への取り組みに周りの人たちが反応してきました。 これほどワクワクすることはあるでしょうか? なつの書いた白蛇姫のラフ、それを見つけたマコちゃん。ん~ドキドキします。

第59回 2019年6月7日
「やります!」
なつにまたとないチャンスが訪れました。 アニメーターになるための大きな扉が目の前にあります。 ここを掴み取れるかどうかでその後の人生が大きく変わるかもしれません。

第60回 2019年6月8日
赤  涙  勘  まっしろ  試験  結婚  絵  力をつけよ
今日のなつぞら、いろいろと考えました。
静かに進む時間とその中でいろんな人の想いがあって、行動して、涙して、、、

第9週「なつよ、夢をあきらめるな」

第49回 2019年5月27日
なつの東洋動画の試験が始まります。
北海道にいた頃から夢だった漫画映画への憧れを実現するために、十勝の家族の元を離れて東京にでてきたなつ。 自分で夢を掴むために、無謀な挑戦が始まります。

第50回 2019年5月28日
東洋映画の試験結果が郵送されてきました。
非情にもそこに書かれていたのは、「不採用」の文字 なつは心底落ち込んでいます。 落ちた時のことは全く考えていなかったのですから、そりゃそうですね。落ち込みます。

第51回 2019年5月29日
なつの試験不合格を巡って、兄の咲太郎は動きます。 といっても空回りなんですが。笑 ただなつの心情は複雑です。それは、、、

第52回 2019年5月30日
冒頭でまた煙カスミの歌がありました。何度聞いても歌うまですね。 さて、なつは自分の落ちた理由が咲太郎にあることを知りますが、咲太郎の気持ちがわからなくなってきています。

第53回 2019年5月31日
いや~、やっぱりなつぞらはこうでなきゃ!
今日の話題はなつの東洋映画に入る再挑戦編への続きです。 はじめにこんな書き出しだと、結果がまるわかりですが、、、笑

第54回 2019年6月1日
なつと兄咲太郎との新しい生活が始まります。 なつは東洋映画の採用試験にようやく合格して、河村屋の寮を出ることになりました。 夢への第一歩です。

第8週「なつよ、東京には気をつけろ」

第43回 2019年5月20日
今週からなつの上京編に入ります。
自分の夢に向かって歩き出すなつ。それを送り出す十勝の人たち。 柴田家、雪月堂一家、天陽君一家、、、独り立ちする若者たち。 う~ん、明るい未来に歩き出せ!

第44回 2019年5月21日
昭和31年4月、なつは東京新宿に来ています。
時代の力を感じさせる日本の中心地。活気に溢れています。 なつは雪次郎とその父と3人で河村屋に向かいます。 これからどんなことが待ち受けているのでしょうか?

第45回 2019年5月22日
昨日は煙カスミの抜群に上手い歌で終わりましたが、今日はその続き。 カスミは、なつを連れてなじみのおでん屋に行きます。 ここでこれから関わるであろう岸川亜矢美と会います。 オラ、次の展開にドキドキしているぞ・・・

第46回 2019年5月23日
あぁぁぁ、勘違い。
そんな展開の咲太郎です。 なつは戸惑います。マダムに強制的に働かされている、とか苦労したとか、、、 この勘違い、いつ直るのでしょうか?

第47回 2019年5月24日
ムーランルージュって、赤い風車のことだったんですね。
岸川亜矢美のやっているおでん屋、その名前が「赤い風車」
兄、咲太郎の夢はムーランルージュを復活させて、岸川亜矢美をまた舞台に上がらせること。 少しいい話ですね。

第48回 2019年5月25日
今日は、兄咲太郎の子供時代から今に生きている話を中心に、始まりました。 なつと咲太郎の想いは、同じだった。そう気付いたなつがいました。

第7週「なつよ、今が決断のとき」

第37回 2019年5月13日
なつは店陽君の家に向かう途中、吹雪にあって気を失います。 これって学校から帰って、友達の家に遊びに行く途中にこんな目にあうのと同じですよね。 いや、普通の所では考えられないことですが、自然が厳しい時代の北海道ではこれは普通に考えられることだったんでしょうか。 自然の猛威を甘く見てはいけませんね。

第38回 2019年5月14日
なつを巡り、いろんな人たちの想いが交錯しています。 なつ自身も大きな決断をしたみたいです。 でもそれをやるためにはまずは家族みんなの理解が必要ですね。

第39回 2019年5月15日
なつが東京に行きたい、そういった時柴田家そして周りの人間は驚きました。 でも天陽君だけはそれを応援しています。 なつの幼さから大人に変わる心情を、そして揺れる心をすずちゃんはうまく演じていますね。

第40回 2019年5月16日
なつへの想いは、じいちゃんの中でかなり大きな割合を占めているのでしょう。 なつを手放したくない、傍にいてほしい、そういった想いが伝わってきます。 それとは別になつの夢を垣間見たお母さんはじいちゃんにそれを伝えます。

第41回 2019年5月17日
なつの想いとじいちゃんの想い。 どうなるのでしょうか?それぞれが思いやりどうすればいいのか、手探り状態です。 なつは思い余って雪月堂へ行きます。そこでとよばあちゃんに泣きつきます。

第42回 2019年5月18日
う~ん、今日の回はなつぞらファンにとって少し複雑な想いではなかったのではないでしょうか? なつと天陽君のシーンは、なつファンの男性と天陽ファンの女性ファンともにちょっとヤキモキしたでしょう。 それほどお似合いのカップルに見えました。 また照夫にいちゃんと砂良ちゃんとの絡みもここだけでも楽しそうです。

第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ!」

第31回 2019年5月6日
東京にお兄ちゃんを探しにやってきたなつ。お兄ちゃんは見つかったけど警察に捕まってしまいました。 お兄ちゃんを信じるなつ。そんななつにある人物と再会します。 これからのなつの人生の大きな転機かもしれません。

第32回 2019年5月7日
なつは北海道に帰ってきました。東京で兄に会うことができ、映画会社の見学も出来ました。 ただ兄への想いはずっと秘めているみたいですね。 さてさて、十勝は冬。おじいさんはなつと照男をくっつけようと考えています。 いや、その気持ち、痛いほどわかります。

第33回 2019年5月8日
じいちゃんのなつと照男を結婚させよう!という案は柴田家をおかしな雰囲気にしています。 なんかみんなギクシャクしだしました。 そんな中、なつと天陽君はディズニーの漫画映画を見に行きました。 そこで、なつのアニメーションへのあこがれはまた強くなったみたいですね。

第34回 2019年5月9日
今日はバター煎餅の話題から。 雪月堂の新商品として考案したバター煎餅。じいちゃんのバターを使った新しい地元の銘菓を作りたい、そういった想いで作った商品です。 バターの味がする美味しそうなお菓子です。

第35回 2019年5月10日
照男と天陽君と、なつを巡りスキー対決です。
どちらも見ていて、本当になつが好きなのが手に取るようにわかりますね。 焚きつけたじいちゃんが策士に見えます。笑

第36回 2019年5月11日
うぇ~ん、また今日は朝から泣いた。泣いた。
最近歳のせいか、妙に涙もろいし、すぐに感情移入する自分がいる。 なつの涙は、それに拍車を掛けます。

第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」

第25回 2019年4月29日
なつ達の演劇も終わって、話は新たな展開に向かいます。 今回はなつが東京に行ってお兄ちゃんを探すお話になります。

第26回 2019年4月30日
今日が平成最後の日です。
なつがいる北海道にわざわざ会いに来てくれたのぶさん。 幼かったなつを助けてくれたのぶさん。お兄ちゃんへの想いがなつの中で募ってきます。

第27回 2019年5月1日
今日から令和の始まりです。
なつは母さんと二人で東京にきてお兄ちゃんを探すことにしました。 この時代でも東京新宿は時代の最先端だったんでしょう。十勝とは全く違う華やかな世界です。

第28回 2019年5月2日
カレーじゃなくて、カリー、、、昔はモダンな食べ物だったんですね。 なつは今東京に母さんと来て、お兄ちゃんを探しています。 さてさて、果たしてお兄ちゃんを見つけることはできるのでしょうか?

第29回 2019年5月3日
なつはお兄ちゃんに会うため、浅草の劇場へ行きます。 そこは大人の社交場。キレイな女性が歌ったり踊ったり、時には脱いだり、、、なつには刺激が強すぎますね。

第30回 2019年5月4日
なるほど、今回はなぜ咲太郎を取り巻く不穏な空気がなんだったか、ある程度わかりました。 盗品を掴まされて警察に捕まった咲太郎、それを心配するなつ達。 まだまだ咲太郎の周りにも登場人物が出てきそうです。

第4週「なつよ、女優になれ!」

第19回 2019年4月22日
今回から新キャラ登場です。同級生の門倉君です。 農業高校で番長をやっている猛者なんですが、なぜかなつのいる演劇部に入部します。 なんかこれだけでもワクワクしますね。

第20回 2019年4月23日
「白蛇伝説」
なつの演劇活動がいよいよ本格化してきました。 そして、なつの絵へのキッカケも増してくる内容でした。

第21回 2019年4月24日
いよいよなつの芝居の稽古が始まりました。 しかしなつは演技は初心者であり、好きではじめたわけでもありません。 そんななつに容赦なく倉田先生の激が飛びます!

第22回 2019年4月25日
今回の話は、なつの演劇の練習がメインとなっています。 なつの演技に対する姿勢に、倉田先生のダメ出し、それに反論する天陽君。 なつを取り巻く人たちのなつを応援する姿、、、演技って難しいんですね。

第23回 2019年4月26日
いよいよ演劇の練習も佳境に入り、本番が近づいてきました。 なつや柴田家の人々もそわそわしています。舞台を見に来るお客様に無料でアイスクリームを提供することを、 お母さんが雪之助の家である雪月に提案します。

第24回 2019年4月27日
なつの演劇が始まりました。 でも、この物語、じいちゃんが主役のような感じがしているのは私だけでしょうか? 圧倒的な存在感と重厚な演技の草刈正雄は本当にすごいですね。

第3週「なつよ、これが青春だ」

第13回 2019年4月15日
今回から時代は9年後の昭和30年に入りました。なつも大きくなって高校生です。 なつは、明るく元気に逞しく、そして何よりやさしく育っているみたいですね。

第14回 2019年4月16日
なつも高校に入り、かなりしっかりした女性に成長してきました。 今回はおじいちゃんとお父さんとの確執です。どうなることやら、、、

第15回 2019年4月17日
「なつにとって、人生を揺るがす大事件」が勃発です!!
泰樹と剛男が険悪な雰囲気になっています。農協とおじいちゃんが対立しています。 あわあわあわ、なつはその騒動に巻き込まれてしまいました。

第16回 2019年4月18日
前回から、なつはおじいちゃんとお父さんの騒動に巻き込まれています。 しかし今回はいろんな新しい場面がありました。

第17回 2019年4月19日
農協とじいちゃんの対立、、、かなり激しくなってきました。 でもこれを芝居にしたいってどういう芝居になるのか少し疑問です。笑

第18回 2019年4月20日
今回は富士子と剛男のなれそめの話から始まり、泰樹が開拓時代に苦労して過ごし、ばあちゃんと結婚し、 そこで改めてお金の大切さを身をもって知ったこと、そして組合は絶対にいると言っていたじいちゃん。 これを聞いてなつは涙しました。

第2週「なつよ、夢の扉を開け」

第7回 2019年4月8日
今回からオープニングアニメが少し追加されて、歌もほんの少し長くなりましたね。 今回は冒頭にすずちゃんが登場!ワクワクです。
さてさて、物語はなつの家出で皆があたふたする様子が描かれています。

第8回 2019年4月9日
行方不明になったなつを探し回る柴田家の人々、一方のなつは警察署を脱走します。 さぁなつの運命は如何に・・・

第9回 2019年4月10日
なつを探す柴田家、なつは河原で一人魚を焼きながら、亡き父の手紙を読み返しています。 なんと実はナレーション担当のウッチャンがなつの父だったのです。驚きですね!

第10回 2019年4月11日
家に戻ったなつは、おじいちゃんから夢を聞かされます。 それがバター作りです。取れ立ての牛乳から作ったバターは美味しいでしょうね。

第11回 2019年4月12日
今日ははじめてなつが漫画映画を観た日です。 学校で開かれたポパイの映画、感動したでしょうね。

第12回 2019年4月13日
今回で、なつぞら「なつ」の幼少期は終了です。 今回は天陽君の家の畑を開拓する話でした。

第1週「なつぞら」感想

第1回 2019年4月1日
とうとう、始まりました!「なつぞら」
時代は戦後すぐの時代。戦争孤児となった「なつ」は北海道十勝にやってきました。・・・

第2回 2019年4月2日
柴田家に受け入れてもらうように、自分も働くと言い出したなつ。
小さいながらも、自分が生きていくにはここしかないと悟ったのでしょう。・・・

第3回 2019年4月3日
なつの生活は、朝4時から始まります。
毎朝の酪農の仕事。
当然覚えることもいっぱい。
・・・

第4回 2019年4月4日
泰樹につれられてきた闇市。
なつに新しい長靴を買い与える泰樹。・・・

第5回 2019年4月5日
今回は、なつが初めて学校に行く日です。
なつがうれしそうです。笑
でも泰樹が朝「なつ、おはよ」と声を掛けたのは私もうれしくなりました。・・・

第6回 2019年4月6日
この日の朝は、子牛が生まれました。
学校では、天陽君の絵になつは興味を示します。
・・・

雑記より

「なつぞら」の第3回視聴率が23%を出したそうです。
それとは別に、第4回のおじいさんとなつとの会話が話題を呼んでいます。

まぁ内容は、こちらの感想レビューを見ていただければと思いますが、 ちょっと私にとっては不安でもあります。・・・